スポンサーリンク

【近鉄】青の交響曲と、大和西大寺駅の平面交差を見てきた

未分類

前回の阪急に続いて、私鉄特集第2弾!ということで今回は、近鉄です。小さいころから阪急沿線で生きてきた私にとっては、実はあまりなじみのない鉄道ですが、友達の家へ初めて遊びに行く時のようなワクワクドキドキを感じながら、行ってまいりました!

近鉄の観光特急、青の交響曲(青のシンフォニー)

基本情報

〇料金

大人 1720円、小児 870円 (特急料金・特別車両料金・普通運賃を含む)

〇運行日

原則水曜日を除く毎日(1日2往復)

〇運行区間 大阪阿部野橋駅~吉野駅間

大阪阿部野橋駅へ

青の交響曲は、6番線に到着

駅に着いた時点で、青の交響曲到着まで20分ほど時間があったので、その間に普通車両を見学。

準急・河内長野行

なんとなく、車体の色は、阪急のマルーンカラーにも見えるような・・・

普通・藤井寺行き

ホームドアはこんな感じでした。

(近づきすぎてセンサーが反応し、「ご注意ください」と自動アナウンスで注意されてしまいました・・・スミマセン。)

 

青の交響曲、入場

そうこうしているうちに、お待ちかねの青の交響曲が!

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

3両ぽっちとは思えない存在感

クラシカルな外装、濃紺ボディにゴールドのロゴが「上質な大人旅」を演出しているんだそうです!

座席シートはこんな感じ。(切符を買ってないので、中には入れません。残念。)

照明も、おっしゃれーです

1・3号車が座席、2号車はバーカウンターやラウンジスペースになっています。

内装の木目も高級感があっていいなぁ。

 

14:10、いよいよ出発!いってらっしゃーい!

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

2019年9月10日に、運行開始3周年を迎えた青の交響曲。

こんな豪華な列車に、たった1720で乗れるとは!!日程や便を選べば、どうやら予約はウルトラCというわけでもなさそう・・・今度出会う時には、ぜひ乗ってみたいと思います!

名物!?大和西大寺駅の平面交差

ところ変わって、大和西大寺駅

Google マップ

大阪阿部野橋駅からは、JR大阪環状線を乗り継いで、鶴橋駅から近鉄奈良線で、40分程度でした。

新型の特急がデビューするんだってよ

駅ナカショッピングモールにある展望デッキへ

ホームから階段を上ってくると、改札内にショッピングモール「タイムズプレイス西大寺」があります。そこを通り抜けて奥まで進むと・・・

展望デッキへの入り口が!

壁面には、電車のお顔がずらり!

京都方面から、特急がやってきます

前面ガラス張りの展望デッキからは、美しい平面交差をのぞむことができます。

9:30~20:00まで開放されていて、駅構内にいれば入場は無料です!

踏切から平面交差を見てみた

改札を出て、踏切から先ほどの展望デッキ側を見てみたのが、こちら。

う~ん、やはり地上からだとよく見えない。

奈良方面の平面交差を見てみた

展望デッキがあるのは大阪・京都方面ですが、奈良方面の平面交差がこちら。

引き続き奈良方面から、夕方のラッシュを見守る

いよいよ帰宅ラッシュが近づいてくると、大和西大寺駅の本領発揮といわんばかりに、ひっきりなしに電車がやってくる!

 

こんなの初めて見た!ポイント切り替えの瞬間!電車が来るたびに、ウィーーーン・カタン、と忙しく動いていましたよ!


 

車両の連結も、見ることができました。

来るぞ来るぞ

いったん停止

じわじわ近づいて、、、

貫通幌が

つながった!

だんだん薄暗くなってきていたので、連結された電車に乗り帰ろうとしたところ・・・

お隣に伊勢志摩ライナー!

あわてて、お顔だけ、収めてきました。

いつまででも見ていたくなる、大和西大寺駅でした!もう少し近ければなぁ。

 

 

以上、近鉄「青の交響曲」と「大和西大寺駅の平面交差」を見てきた記録でした。

次は見るだけではなく、乗ってみた編も書いてみたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました